senpai-sakuda

地域の人とのつながりを濃く感じます

佐久田 いずみさん
さくだ・いずみ
2017年9月に宮城県からIターン
先輩移住者

—白河市に移住したきっかけ

結婚を機に移住しました。

 

—移住前の棚倉町のイメージ

2ヶ月前に移住したのですが、その前に何度も足を運んでいたので、棚倉町の暮らしはある程度分かっていました。夏はエアコンが必要ないくらい涼しい環境だったりと、住みやすさも感じました。

 

—前の仕事、今の仕事

保育士をしていました。現在は引っ越してきたばかりなので主婦をしています。子どもと接することが好きなので、棚倉町でもそういった機会があればいいなと思っています。

 

—仕事の探し方

これから仕事を探したいなと思っています。自宅から40分くらい掛かる白河市のハローワークへ行っています。棚倉町にある職業案内所も利用しています。

 

—住まいの探し方

移住する前に夫がこちらに住んでいたので、そこで一緒に暮らしています。

 

—都会暮らしでは味わえないところ

自然をとても近くに感じ、食もすごくおいしいです。地域の人とのつながりも濃く、商工会女性部の方を地域の方に紹介していただいてからは、お茶によく誘ってもらいます。お祭りの時などは商店会のお手伝いをして、地域の方と交流することもできています。

 

—今の生活で気に入っているところ

野菜など旬を感じることができる直売所が気に入っています。価格も安いですし、特に地域の卵や棚倉町の特産品の社米はおいしいです。

 

—一番苦労しているところ

現在、苦労していることはあまりないのですが、病院が少ないのは心配です。車があっても選択肢が少ないという点が不安です。

 

—いまの暮らしで努力しているところ

こちらに来てからまだ少ししか時間が経っていないため、地理を知るということを努力しています。

 

—移住の費用は

引っ越し代くらいですね。ただ、夫婦で車1台あれば生活ができると思っていましたが、ひとり1台ないと辛いと思います。

 

—生活費について

同居していることもあるのですが、外食が極端に少なくなったことで食費が減りました。

 

—移住前に準備しておいてよかったこと

こちらの移動はほとんどが車なので、仙台にいたときから車を運転していてよかったなと思います。また、夫の知り合いが地域に多いので、寂しくなることもなく良かったです。

 

—地域の人との関わり

地域のおかあさんたちとのお茶のみがあります。郷土食や嫁に来た話など話題が尽きません。最近はこちらの友人と手芸をしています。

 

—これからやってみたいこと

これまでやってきた保育士の経験を生かしたいと思っています。仕事としてでもいいですし、それ以外でもいいと考えています。

 

—次に移住してくる人へ

お友達になります。おしゃべりは好きなので一緒に話しましょう。

 

—こんな人に来てほしい

どんな人でも来てほしいです。特に同年代が少ないので来てくれたら嬉しいですね。