【募集】矢祭町地域おこし協力隊

新着情報

投稿日:2019年2月1日

福島県の県南地方に位置するのどかな町、矢祭町から地域おこし協力隊(3名程度)の募集のお知らせです!

 

 

田園を走る水郡線

矢祭町HPより

 

矢祭町では、地域おこし協力隊1人につき次の3つの事業のいずれかを中心に活動して貰うことを考えています。ただし、活動する中で、やってみたいことが見つかった場合は追加で取り組むことも可能です。

 

1.「まちの駅やまつり」の新駅員を募集します!

 

「まちの駅やまつり」は、矢祭町の中心部に2017年12月にオープンした施設で、地域おこし協力隊の活動拠点兼観光PR発信拠点として利用されております。

この「まちの駅やまつり」は、「やまつりまち・ひと・みらいづくり協議会」という団体の事務局を委嘱されています。この協議会は「町の人がやりたいことを形にしよう」をコンセプトに組織された団体で、町民有志で結成した「部会」活動中心に、町民発の町づくりに取り組んでいます。(現在は、「ゆず」「あゆ」「買い物支援」「マーケティング」の4部門が活動しています。)

まちの駅駅員の最も重要な業務がこの協議会の運営になりますので、今回募集する駅員もいくつかの部会に事務局として参加していただき、適宜町とも連携しながら、国の補助金や町の予算を活用して、町民の「やりたい」を形にしていく仕事になります。

 

project1-1

 

project1-2

 

2.矢祭発!新しい農産物の育成に挑戦しよう!

 

矢祭町の農業で本業の傍ら、新品種育種に取り組んでいる方がいらっしゃいます。日本ではあまり栽培されていない品種を、日本の土地に合わせて改良することで、新しい品種として売り出していこうという試みです。

なにぶん、時間のかかる取り組みなので、長年、個人的に取り組んできたようですが、このたび、ようやく本格栽培に結び付きそうな品種が出てきたということで、この度、試験栽培に取り組みたいとのことです。試験栽培ともなると、本業の傍らというわけにはいかないため、協力隊の募集をしたいとのことです。

今回協力隊として取り組んでいただくのは、「ラズベリー」ということで、日本ではあまり作付けされていない作物になります。その分、日本一の生産県を目指すチャンスかも!?

 

project2-1

 

project2-2

 

3.矢祭町に呼べ!農村民泊推進プロジェクト!

 

農泊とは「農村民泊」の略称として使われている用語で、大分県安心院町が発祥の地となる都市と農村の新たな関わり方を体現する活動です。

農泊は、単に「農家に泊まる」というものではなく、農村での宿泊や各種体験活動を通じて、農村生活そのものを楽しんでもらおう、理解してもらおうという試みになります。

矢祭町でも昨年、「矢祭町農泊推進協議会」を立ち上げ、矢祭版農泊の企画、推進に向けてスタートを切ったところです。農村のありのままを提案することで、都市部から人を呼び、農村の良さを実感していただき、さらにはお金も落として貰おうというのが活動のコンセプトであり、矢祭町の地域活性化に向けた非常に効果的なツールになると考えています。

この活動を矢祭枚町内及び周辺地域に拡大していくことをミッションとして活動していただきます。

 

project3-1

 

project3-2

 

詳細やお問い合わせ/

公式サイト
矢祭町地域おこし協力隊を募集します!

〒963-5192

福島県東白川郡矢祭町大字東舘字舘本66

矢祭町事業課産業グループ

TEL:0247-46-4576

FAX:0247-46-3025

 

参考サイト/

【矢祭町】ザ・田舎!をプロデュース!第2弾!「まちの駅駅員」「新品種の試験栽培」「農泊推進」の3プロジェクト!|地域おこし協力隊・復興支援員募集サイト ふくしまで働く – 地域の担い手 –