新しいことに対して応援してくれる人がたくさんいる場所だなと感じています

フリーランス保育士
若月 美里さん
ワカツキ・ミサト
2019年に仙台からUターン
先輩移住者

 

この春から白河で「フリーランス保育士」として働いている、みいちゃん先生こと若月美里さんにお話を伺いました。

 

プロフィール写真

 

どうして白河に?

出身は福島県浪江町です。小学校から高校卒業までを浪江町で過ごし、大学進学を機に宮城県仙台市で一人暮らしを始めました。

入学当初は、地元に帰る気は全然なくて。東京の保育園から講義に来る先生に憧れもあって東京で就職を考えていました。

しかし、2年生の春休み帰省中に東日本大震災がありました。それまでは、地元愛も全然なくて浪江は何も無いし田舎だし戻ってくることはないだろうって思っていました。でも、震災を経験して「地元って大事だな」とはじめて感じました。

その後、家族は白河に避難し大学にも戻った私は、福島や東北のために何かしたくてボランティア活動をしていました。

“就職“を考えた時、東京への憧れはなくなっていて今いるところでできることをしようと思い、仙台の保育園で4年、岩手の保育園で2年勤めました。

6年間ほど保育に携わって、いろいろな経験をしました。保育園で働くことが窮屈に感じて、この先もこのまま働いていていいのかなって迷いがありました。そんな思いがあって、自分らしくもっと自由に働ける方法がないかと模索してたどり着いたのが「フリーランス保育士」でした。

どこで始めようかと考えた時、まずは原点に戻って地元から! 地元といっても白河は地元じゃないんですが、家族がいる白河で! と思ってこの春から白河にきました。

 

白河の印象を教えてください。

初めて白河に来たのは、震災から1ヶ月後くらいに母の職場が浪江から西郷村に避難することが決まって、会いにきたのが初めてです。その時は、浪江よりはいろいろあって新幹線も通っていて、住むにはいいところなのかなーくらいに思っていました。

まだ住み始めて数ヶ月ですが、みんなあったかくて、いい人がいっぱいで、よそ者扱いする人がいないなと思いました。私の働き方がちょっと珍しいから受け入れてもらえるか不安もありました。でも「すごいね」「応援してるよ」と言ってもらえて本当に嬉しくて。新しいことに対して応援してくれる人がたくさんいる場所だなと感じています。

 

お仕事①「フリーランス保育士」について教えてください。

保育園に属さないフリーの保育士です。保育園や他の預かり保育よりも、家族全体に寄り添ったサポートが求められると思っています。これまでの経験を活かしながら子どもひとりひとりに寄り添い、発見・気づき・好奇心から遊びに繋げる事を大切にしています。

都会だとフリーの保育士さんって結構いて需要もあるけど、地方だとまだまだ浸透していなくて。今はいろんな人に知ってもらっているところです。

 

お仕事②目標はありますか?

今はがむしゃらにやれることを全力でやっています! 訪問保育だけではなく、おひさまひろばわんぱーくでもお手伝いをさせてもらったり、イベント託児や絵本YouTubeの活動などをしています。フリーランスだからこその働き方だと思います。ご依頼があればどこでもいきます!!

最終的な目標みたいなものはまだないですが、子どもってこれからの社会を作っていく存在だから、子どもこそ未来だと思っているんです。保育ってその未来を担う子ども達と関わる仕事だから、保育は未来を育んでいく仕事だと思っています。だから、この思いを形にして保育士はいろんな働き方ができる仕事なんだということを広めていきたいですし、そういったサポートもしていきたいです。

 

保育のようす

 

生活面の事①白河へ来て不便だな不安だなと感じることはありますか?

不便なことはやはり車ですかね。私は車を持っていたので苦になることはないですが、やっぱりどこに行くにも車がないと不便だと思います。車社会だけど道が狭いところもあるので、自転車の方がいいなって思う時もあります。

不安なことは、まだ白河の冬を経験していないことです。雪がどのくらい降るのかとか、どのくらいの寒さなんだろうって今から心配です。仕事も不安のひとつです。ちゃんとやっていけるのだろうかといつも考えています。でも応援してくれる人がいるのがとても心強いです。

 

生活面の事②お気に入りの場所や休日の楽しみはありますか?

お気に入りの場所は図書館です。もともと本が好きということもありますが、白河の図書館はきれいでとても居心地がいいです。

ドライブも好きです。カフェ巡りをしたり、映画を見に行ったり、カラオケに行ったり。白河はいろんなところに行きやすい場所だと思います。

 

生活面の事③頼れる場所や人はいますか?

学生の頃に白河でボランティアしたことがあって、その時お世話になった方に会う機会があり、相談に乗ってもらったり、お仕事を紹介してもらったりしています。

あとは、弟がコミュニティカフェEMANONに通っていて「青砥さん人脈広いよ」って聞いていたのでお話しさせてもらったり、SNSで繋がった方とお話ししたり、人が人を呼んでいて色々な人に出会えています。

 

最後にこれから移住したい人にメッセージをお願いします。

新しい事にチャレンジしたい人は白河いいと思います! 住んでみないとわからないことはいっぱいあると思いますが、白河は人との繋がりを感じられるとてもいい場所です。私は一歩踏み出せた事で、地域の人とも関われるようになって素敵な出会いもあって、福島への思いと保育への思いがリンクしているのが今だと思います。それを応援してもらえるのが本当にありがたいです。白河は”新しいことをしたい人”を”応援してくれる人”がたくさんいる場所だと思います。まだ誰もやっていないからこそ興味を持ってもらえますし、開拓していくのは大変だけど、私は「チャンスだ!」と思って大変なことも含めて楽しんでいます。

白河に来てお子さんの預け先に困ったら私がいるので! 是非頼ってください!

 

Instagram→@wakami.hoiku

 

LINE→@725qlkcn