第1回 tenten Cafe in しらかわ 開催レポート

新着情報

投稿日:2019年6月4日

去る5月20日、コミュニティ・カフェEMANONにて第1回目のtentencafeを開催いたしました! ご参加は6名となり、そこに加えてbel*fonteの藤本さん、浅野さんと一緒に、ドリンクとおやつをいただきながらざっくばらんにお話しました。

藤本さんたちは tenten cafe をはじめ、「福島に転入する女性の暮らしを応援する」をテーマに、福島県内全域でさまざまな活動をしていらっしゃいます!


まずは皆さんの自己紹介から。自己紹介では、出身地から、現在に至るまでをそれぞれの方にお話しいただきました。

自己紹介の時点ですでに、お互いの共通点がちらほらと見つかり、とても良い雰囲気です。出身地としては関東から北海道まで、現在のお住まいはみなさん白河市または西郷村でした。 転入のきっかけではご家族の転勤や、ご自身の転職など、お仕事の転機が多かったようでした。


そしてトークテーマへ。今回のトークテーマは、転入してきて良かったこと、困ったこと、驚いたこと です。


「転入してきて良かったこと」では、

・白河市街地なら自転車があれば車不要
・生活必需品は近所で揃う

などの生活の利便性がよいことと、

・近場にレジャースポットが多い
・土地が広い、家が大きい
・食べ物がおいしい

などの、自然の豊かさを感じられるような声が同時にあがり、居住地としてのバランスの良さを伺わせました。そのほか、

・思ったより雪が降らない
・東京が近い
・家族のそばに居られる

などのお話がありました。


一方、「困ったこと、驚いたこと」では、

・道が狭い、複雑
・交通量が多いが信号が少ない

などの車の運転に関する困りごとがありました。また、

・街中を歩いている人が少ない
・同世代がいない、どこにいるか分からない

などの人の少なさ、仲間の見つけ辛さがあるようでした。さらに関連して、

・働き場が少ない
・情報が少ない
・病院の待ち時間が長い

などが挙がりました。ほかには、

・洋服屋さんがない
・雪が積もるのが早い、寒さが厳しい

などの声がありました。

***

こうして第1回目のtentencafe in しらかわが楽しく終了しました。全体をとおして、「ほかの人の話を聞けて良かった」「久々に家族以外と話した」など、情報の共有のみならず、ちょっとしたエピソードなども分かち合えて楽しかった、という感想を多くいただきました。


次回の開催は7月1日(月)10時~12時です。前回ご参加いただいた方はもちろん、第2回目のみの参加もOK。ぜひお気軽にお出かけくださいね。

第2回 tenten cafe in しらかわ

▼日時

7月1日(月)10時~12時

トークテーマ

どんな1日をすごしてますか? 休日は何をしてますか?

会場

コミュニティカフェ・EMANON

白河市本町9(googleマップ

申込フォーム

https://forms.gle/rDEcmaMpq5GAdsyH8

主催・連絡先

ラクラスしらかわ

TEL 0248-21-5779(水・日を除く10:00~16:00)

Eメール staff◎junbishitsu.jp ※◎を@に代えてください

▼協力

Bel*fontetenten